ホテルスタッフ

「ホテルウーマン」と「コンシェルジュ」のお仕事について

ホテルウーマン

ホテルウーマンとは、ホテルの利用客に対して、きめ細やかなサービスを行う仕事です。

接客を中心としたホテルウーマンの仕事には、フロント係、ドア係、クローク係、客室係、コンシェルジュなどがあります。フロント係は、受付やチェックイン・チェックアウトの業務を行います。

ドア係は、ホテルの玄関でお客さまを出迎える仕事、クローク係は荷物を預かる仕事、客室係は、宿泊客の世話や部屋の清掃を行う仕事、コンシェルジュはチケットの手配などを行う仕事をします。どの係も、お客さまに好印象を与える必要があります。

ホテルウーマンになるには、ホテルの採用試験に合格することです。採用試験では、英会話がとくに重視されていますので、日常的な英会話力を身に付けておくと良いでしょう。

大手ホテルでは、大学卒業者や観光関係の専門学校卒業者を採用するケースが増えています。客室係の場合は、部屋の清掃や備品の補充などをする業務は、主婦をパートで採用している所がほとんどです。

給与については、各ホテルによって異なります。24時間営業しているので、勤務形態はシフト制が多く、時間外手当や深夜勤手当がつくホテルが多くあります。

ホテルウーマンは清潔感があり、どんなお客さまに対しても笑顔で対応することが大切です。他のホテルスタッフとのチームワークも欠かせません。

海外からの観光客も増えていますので、語学力はもちろん、国際的な意識を持つことが求められています。

コンシェルジュ

コンシェルジュとは、ホテルでチケットや案内の手配など、お客さんの要望に応えて、色々な対応をする仕事をします。

コンシェルジュはフランス語で「案内人」や「門番」という意味です。ホテルの案内デスクで、お客さんからの相談を受けます。そして、ホテルの周辺のショップやレストランの情報、観光場所の案内など、情報提供や手配をしてくれます。

コンシェルジュは、お客さんのどんな要望に対しても、決してNOとは言えないことになっています。無理な要望に対しては、やんわりと代替案を提供したりするなど、忍耐力や心の広さ、柔軟に対応できる幅広い知識が非常に重要です。

コンシェルジュになるには、必須の資格というのはありません。まずは、ホテルに就職したあと、接客の実務経験を積んでいくことが必要です。また、お客さんが心地よく相談できるようなマナーや身だしなみ、親しみやすい態度が大切です。

もちろん、外国人も来ますから、日常的に必要な英会話力もないといけません。

それから、ホテル以外の場所にいる案内人も、コンシェルジュと呼びます。たとえば、病院での案内人「医療コンシェルジュ」や転職支援会社の「キャリアコンシェルジュ」、本の案内を行う「ブックコンシェルジュ」などがいます。

それぞれの分野に対して、お客さんの要望に応えてきめ細かなサービスを行います。