ホテルレップ

ホテルレップの仕事内容

ホテルレップとは

ホテルレップとは、ホテルの予約業務や情報提供を、旅行会社の代理で行う業者のことをいいます。

通常は、旅行者や旅行会社、ツアーオペレーターがホテルの予約を代行しますが、世界的にチェーン展開しているホテルに予約したいときは、ホテルレップがいるホテル事務所(ホテル予約代理店)に代行をお願いしています。

ホテル事務所が扱うホテルには、国や地域が限定していたり、4つ星以上のホテルのみを扱っていたりなど、いろいろな分野に分かれています。

ホテルレップにホテル予約を頼みたいときには、電話やインターネットなどで連絡をすると簡単に行えます。外国のホテルに直接頼むのは、言葉の違いもあり難しいので、国内のホテルレップが役立ちます。

また、ベッドのタイプや禁煙部屋など、ホテルの部屋に関する細かい要望も聞いてくれます。

ホテルレップになるには、英字新聞や一般紙で求人広告を載せていることが多いので、それに応募して就職します。ホテル事務所のスタッフは一般的に10名以下であり、欠員補充という形で採用している事務所が多いそうです。

語学力があり、旅行関連の業務経験があると有利になります。ホテルレップに大切なことは、人と接することが好きでコミュニケーション能力に長けていることでしょう。