旅先(海外)のガイド

[海外現地ガイド」と「ランドオペレーター」のお仕事について

海外現地ガイド

海外現地ガイドとは、海外に住んでいるガイドであり、観光客を観光スポットや遺跡などの名所に案内する仕事をします。そのほかにも、空港についた観光客を宿泊施設まで案内したり、食事やショッピングへの案内、オプションツアーの説明などを行います。

旅行にきたお客さまが、何の目的で来たのかを把握し、ツアーの人数や現地の交通事情・天気を前もって調べておき、旅程の変更を状況に応じて決めていきます。観光以外の目的では、ビジネス、現地視察などの目的で来るお客さまもいます。

海外現地ガイドになるには、旅行会社などに就職することです。大学や短大、専門学校などで観光学や旅行に関しての学科を修了すると、就職・転職に有利になるでしょう。

旅行会社で経験を積みながら、「旅程管理主任者」や「旅行業務取扱主任者」の資格を取得すると役に立ちます。実力がついてくると、フリーの海外現地ガイドとして活躍することもでき、旅行会社と契約して仕事をしていきます。

旅行する海外の治安や、土地の色々な事情を詳しく知っておくことが大切であり、つねに新しい情報をキャッチできるよう、普段から心得ておくことが必要です。

観光客や現地の人たちと、コミュニケーションも多くとるので、人と話すことが好きな人に向いているでしょう。

ランドオペレーター

ランドオペレーターとは、海外旅行の現地において、様々な手配を行う専門職です。

ツアーオペレーターとも呼ばれています。旅行会社から委託を受けて、現地でのバスや列車の手配、通訳の手配、ホテルやレストランの予約など、ありとあらゆる手配を行います。

最近では、現地の手配のみならず、航空機のチケット手配までも行うランド・オペレーターも増えています。

現地での情報源を活かして、ツアーの企画を旅行会社に持ち込むランド・オペレーターもいます。ランド・オペレーターの就職先は、ツアー・オペレーター会社や現地法人などがあります。

会社によって、得意とする外国を持っているのが一般的で、就職するときには自分の興味がある国を担当している会社を選ぶと良いでしょう。担当する国の語学力に長けていることが必須条件となります。

また、その国や地域の文化や習慣、地理なども熟知することが大切です。旅行者が快適で楽しい旅行になるためには、ランド・オペレーターと現地の人たちとの人脈が重要であり、日ごろから交流をはかっていくことも必要なことでしょう。

旅行先では、いろいろなアクシデントが起こることがあるので、それに対応できる冷静な判断力や、臨機応変に対処することができる能力も必要です。